春こそ要注意な紫外線の対策①

FMとやま「気ままプラン 美肌生活はじめましょう!」4.25放送の番組でお話ししました、「春こそ要注意な紫外線の対策」についてまとめました。

肌老化の80〜90%の原因は、
実は実は「紫外線」なんです。

4月〜9月の間に、1年間の紫外線量のおよそ70〜80%が降り注ぐといわれます。
春は紫外線の量が急増する季節。
心地よい春の陽に、ついついうっかりしがちです。
「UVケアは夏にするもの」と思っている方はご用心してください。
4〜5月は「初夏並み」の紫外線量が!!!!
春こそ要注意な紫外線の対策
[種類]
 紫外線は別名「化学光線」
紫外線は別名「化学光線」ともいわれるように、お肌に様々なダメージを与えます。

UV-A波〈生活紫外線……波長の長い紫外線
紫外線の中で最も波長が長く(雲やガラス窓も透過します)、真皮下層にまで至り、メラニン色素の生成を促して皮膚の色を浅黒く変化させます。〈サンタン〉
腫れや痛み・発赤を伴うことはありませんが真皮の深い部分まで届き、シミ・シワ・タルミの原因となります。

曇りの日も気を許してはいけません。
窓越しのポカポカ陽気も油断できません。
春こそ要注意な紫外線の対策
UV-B波〈運動紫外線〉……波長の短い紫外線
UV-B波は、皮膚に対する刺激はやや強く、炎症をおこして皮膚の色が赤くなり、ヒリヒリした状態になります。〈サンバーン〉
メラニンの増加を招きます。
サンバーンの発症は、サンタンに比べ即時的で、紫外線を浴びて1時間もしないうちに赤みを帯びてきます。強い日焼けや、繰り返し日焼けをしていると、皮膚細胞のDNAを傷つけることがあり、老化の促進・皮膚ガンをおこす恐れもあります。

海や山へお出かけの時には要注意!
春こそ要注意な紫外線の対策
[対策]
〈1〉日焼け止め

PA基準 → PAとは、UV-A波からお肌をどの程度守ることが出来るかという基準
PA+:UV-A波防止効果がある
PA++:UV-A波防止効果がかなりある
PA+++:UV-A波防止効果が非常にある
SPF → SPFとはUV-B波からお肌を守る基準値
何も塗らないと、20〜25分でお肌は赤くなりはじめます。
例えばSPF30の日焼け止めを塗ると、
20〜25分 × 30倍 = 約10〜12.5時間、お肌をUV-B波から防ぐことが期待出来ます。

「紫外線吸収剤」よりも「紫外線散乱剤(反射剤)」が、お肌への負担も少なくおすすめです。
SPF値は、30を超えると、ほぼ遮断率は同じ

〈2〉サングラス、帽子、日傘など

春こそ要注意な紫外線の対策

[保湿]

水分の多いお肌は、紫外線をカットしてくれます。
UVカットとともに、うるおい補給も忘れずに!

春の紫外線対策でお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから http://blancche.com/contact/