夏のスキンケアお手入れ方法

夏の肌は「インナードライ」。正しい保湿で、秋のお肌が違います。

対外的に一見、潤って見える夏の肌。実はそれは潤いではなく「皮脂」や「汗」。
表面がテカっていても、内側はカラカラに乾燥してしまっているのが、夏の乾燥肌の特徴。
オフィスも自宅もエアコンのせいで湿度が低くなっています。
また、あぶら取り紙を何回も使ったり、洗顔のしすぎでインナードライを進行させてしまいます。
7月25日放送の気ままプラン 美肌生活はじめましょう!
………………………………………………………

《インナードライcheck!!》

4つ以上、checkがついたらインナードライ要注意!
毛穴の開きや黒ずみが目立つ
あぶら取り紙をよく使う
(※注1)
冷房がきいた室内にいることが多い
混合肌で、顔のパーツで乾燥とベタつく部分がある
(※注2)
化粧水をつけても、浸透しないような気がする
ニキビができやすい
夏はベトベトするのが嫌いなので、クリームなどつけずに化粧水のみ
(※注3)
ピーリングなど、角質ケアを週に一度以上する(※注4)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
注1)皮脂を取り過ぎると乾燥したと思い込んだ肌が、さらに脂を出して逆効果になることも。ティッシュで軽く抑えるくらいで充分。
注2)皮脂量が多いTゾーンの角質ケアと、正しい保水を心懸け、乾燥しやすい目の周りやUゾーンは念入りに保湿を!!
注3)
注4)角質を取り過ぎるとバリア機能が壊れて、より乾燥を促進。角質ケアをした日は、ローションパックなど、保湿ケアを重点的に!

7月25日放送の気ままプラン 美肌生活はじめましょう!

………………………………………………………

《インナードライ対策》

①丁寧な洗顔で不要な老角を取り、水分を浸透させる準備を整える。
②ホットタオルや半身浴で毛穴を開く。
③正しく化粧水を使いましょう。洗顔後すぐに塗布。
2回にわけて(1.軽く全体に馴染ませて 2.手の平でじんわり押し込む)
④夏でもクリームをつけましょう。化粧水だけだと肌から水分が蒸発し、より乾燥します。クリームで潤いと美容液成分を閉じ込めてあげましょう。
⑤週に1度はローションマスクをしましょう。

7月25日放送の気ままプラン 美肌生活はじめましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

夏のスキンケアお手入れ方法でお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから http://blancche.com/contact/