睡眠とお肌の関係

春こそ要注意な紫外線の対策

たくさん寝たのに疲れがとれない…、夜中に目が覚めてしまう…。熟睡できなかった時、肌が荒れたり、化粧のノリが悪かったりと感じる女性が多くなっています。

 ターンオーバー

眠っている間に「ターンオーバー」は起こっています。お肌の奥で、新しい細胞が生まれ、少しずつ上に押し上げられ、約4週間かけて角質層に到達し、最後は垢となって剥がれ落ちます。
 ↓ ↓ ↓

《重要な役割》

 成長ホルモン

寝ている間に脳から分泌され、お肌に“ターンオーバー開始!”スイッチを入れる お肌は日々新しく生まれ変わる。
 ↓ ↓ ↓

眠り始めて約3時間程までの深い眠り(ノンレム睡眠)時に多く作られる
つまり…… ただ睡眠をとれば、新しい細胞が生まれるのではなく、リズムに合った深い上質な眠りをしっかり取ることが重要!
 ↓ ↓ ↓

 睡眠不足

ホルモンバランスが崩れる 女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減る
美肌ホルモン減少 乾燥しハリが失われる
 ↘↘↘ 成長ホルモンの分泌が減る ターンオーバー遅れる シワ・シミの原因に!

目元のシワ

 深い眠りをとるためには

最初のノンレム睡眠が、深いことが質の良い睡眠の条件!
す〜っと寝入ることができればぐっすりと眠れ、すっきりとした目覚めに♪

〈① 食事〉
カフェインやアルコールは眠りを妨げたり、眠りを浅くしてしまうので、寝る前に摂ることは控えた方がいいでしょう。
牛乳やコラーゲン、ゼラチンなどは、寝付きを良くする効果が知られています。

〈② 照明・光〉
強い光は脳に強い刺激を与えるため、寝る前は部屋の明るさを抑えたり、テレビやパソコンを控えた方がいいでしょう。
電気を消した後にスマートフォンでメールを見たりすると、画面から強い光が発せられるので注意しましょう。

〈③ リラックス〉
心地よい音楽やアロマの香り、軽いストレッチなどはリラックス効果があり、より寝付きがよくなるといわれています。

質の良い睡眠で、美肌を生み出しましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

睡眠とお肌の関係でお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから http://blancche.com/contact/