春の肌状態とお手入れ

春こそ要注意な紫外線の対策
春になるとなぜか肌荒れする人がいます。
季節特有の要因によって起きる肌荒れがあります。
春の場合、それまで寒い冬から少しずつ暖かくなり過ごしやすい日が増えてきます。
気持ちもウキウキして活動的になるなど良いことも多いのですが、
残念ながら肌にとってマイナスの要因も多くあります。

春の肌は免疫力が低下 (( 原因 ))

・寒暖差……体内の自律神経が狂ってしまう時期
・紫外線……春は紫外線のレベルが急上昇
◎花粉……アレルギー物質により肌荒れが起こる
・ストレス……ホルモンバランスの乱れが起こる

花粉 (( 対策 ))

1.基礎化粧品で皮膚のベースを守る 保湿力の高い、刺激の少ないもの
◎帰宅後すぐに手洗い、うがい、洗顔

2.食事で予防
美容ACE
ビタミンC →→→ 肌の保湿をする役目(赤ピーマン、黄ピーマン、柚子など)
ビタミンE →→→ 血行促進をする役目(モロヘイヤ、イワシ、たらこなど)
ビタミンA →→→ 肌の保湿をする役目(卵、にんじん、レバーなど)

レンコンも注目の食材
粘膜を強くする役目 →→→ ムチン
免疫力アップ。抗酸化作用 →→→ タンニン
(レンコンのきんぴら、レンコンのはさみ揚げ、レンコンと鶏肉の甘煮)

春は肌の抵抗力を少しでも補うために、しっかりと保湿をして食事にも気を遣い
気候の気持ち良さそのままに肌荒れのない気持ちの良い春を過ごしましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

春の肌状態とお手入れでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから http://blancche.com/contact/

年齢がバレてしまう!!気になる首のシワ

美肌レッスン
顔のシワには敏感ですが、首のシワ……できないように注意してますか?毎日スマホに夢中になって、下ばかり見ていると首に深いシワが!!なんてことになってしまうかも。首のシワは一度できると深く大きく見えてしまうので、実年齢より老けて見えてしまいます。

原因

1:加齢によるコラーゲンの減少
2:首の皮膚は薄くてたるみやすくシワができやすい
顔の皮膚の半分から2/3ほど
↓ ↓ ↓
重い頭を支え、顔を動かす・とても運動量の多い部分
↓ ↓ ↓
[タルミ]
3:紫外線
4:姿勢が悪くシワになる
・枕の高さが合っていない
◎スマホばかり見て下を向いていることが多い
・頬杖をよくついている
・前屈み、猫背など姿勢が悪い

対策

1:保湿
顔のお手入れ時に、首からデコルテも同じ様にお手入れを
2:リンパマッサージで老廃物を輩出
胸鎖乳突筋を中心にマッサージ
↓ ↓ ↓
顔を少し横に向けると耳の後ろから鎖骨に向かってが出る
①耳の下を人差し指から薬指までの3本を使ってゆっくり押す
②耳の下から鎖骨に向かってマッサージ
20170227_首シワ01
③鎖骨のくぼみから鎖骨の下を肩に向かってマッサージ
④鎖骨の終点から脇に向かってマッサージ
注意
・マッサージクリームや植物オイルでスムーズに!
・強く押さずに優しくマッサージ
20170227_首シワ02

3:首のシワ、たるみを消すマッサージ
①少し上を見上げた状態で、鎖骨の上からアゴまで、首の中心部分を下から上にさすります。縦ジワを伸ばしていくイメージ
②縦が終わったら横。横シワを伸ばすイメージで中央から外に向かってさする。
縦ジワ、横ジワともに、首の筋肉の緊張が原因とも考えられる
↓ ↓ ↓
優しくさすってあげるだけで、緊張感が和らぐので、シワの改善が期待できる
20170227_首シワ03
4:首の筋肉を鍛える
①上を見上げて、首をしっかり伸びていることを意識してアゴを突き出す
②そのままの姿勢でクチを大きく開けたり閉じたりする
・首も筋肉を鍛えることでシワ予防
↓ ↓ ↓
仕事の合間にもできる!

首のシワは日頃のケアで防げます!

女性なら皆、実年齢よりも若く見られたいと思うものですよね。首にシワがあるかないかで、見た目の印象はかなり違ってきます。マッサージなどは、フェイスケアのついでにできるので、毎日継続的に実践していきましょう!また日頃の姿勢などで防げますので、毎日しっかり鏡を見て姿勢を良くして、シワができないように心掛けていきましょうね♡

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

首のシワでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから http://blancche.com/contact/

ほうれい線ケア&美容のツボ

美肌レッスン

ふと鏡を見て、「あれ?これ私?なんだか急に老けた?」っていう経験はないですか。鼻から口もとに向かって伸びた2本の線……。これこそが女性を急に老け顔にしてしまう「ほうれい線(法令線)」なのです!口もとにクッキリと現れると5歳は老け込んで見えてしまうことも……。

ほうれい線の原因

①お肌のたるみと老化
②表情筋の衰え
③お肌の乾燥
④生活習慣

お肌の老化や筋肉の衰えもありますが、潤いの無くなったお肌や、紫外線やストレス、不規則な生活習慣からお肌の潤いやハリが無くなり、お肌がたるみ、様々な肌トラブルを引き起こします。

ほうれい線のツボ押しマッサージ

20170127_ほうれい線
巨りょう(こりょう)→《ほうれい線に笑顔のツボ》
頬骨の下にあるツボは、笑顔のツボとも呼ばれ、上唇を引っ張る頬の筋肉とお肌のハリをアップしながら、ほうれい線を解消してくれるツボです。

ツボの場所

鼻の両脇、小鼻の外側と黒目からまっすぐ下に下ろした線が交わうところにあります。

押し方

人差し指のはらを使い、指を垂直に軽く押す。 左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離すを5回繰り返す。

ポイント

「ゆっくり」と「やさしく」
指のはらを使い、ゆっくり指圧
息を吐きながら、3〜5秒くらい押し、ゆっくりと緩める
3〜5回繰り返す
朝のスキンケア前にすると化粧ノリもアップ!
夜のスキンケア後や、おやすみ前にも効果的

地倉(ちそう)→むくみ、ハリ、ダイエットのツボ
下関(げかん)→顔のむくみ、たるみ、小顔のツボ

人差し指のはらをツボに当て、皮膚を上に押し上げるように優しくマッサージ

皮脳同根

人間の体は1つの卵子が精子を受け入れ、細胞分裂を起こした時に生まれます。この卵子は胚葉と呼ばれて、中心から内胚葉、中胚葉、外胚葉の3つの部分から成り立ちます。皮膚と脳は同じ外胚葉から誕生します。このことから、お互いに影響を受けやすいと言えるでしょう。また、脳はストレスを受ける部位でもあり、ストレスと肌トラブルは密接な関係にあると言えます。
例えば、急ブレーキをかけたら冷や汗をかいたり、お化け屋敷に入ると青ざめたりと、脳で感じたストレスはお肌に表れやすいことがわかります。

外胚葉 皮脳同根

こんな症状、思い当たりませんか?
皮脂分泌が旺盛になる
口の周りに吹き出物ができる
お肌全体の独特なテカリがある
皮下の血液循環が鈍くなる
顔色が悪い
くすみ、クマ、乾燥がある
その他、皮膚トラブルで原因不明とされる症状は全て精神性と考えられます

脳(ストレス・強い刺激)
 ↓ ↓ ↓
自律神経が崩れる
 ↓ ↓ ↓
ホルモンのバランスが崩れる
 ↓ ↓ ↓
肌トラブルが起こる

全ての肌トラブルの原因にストレス(精神性)があると言われてます。
ですから、心理的に安らぎを与えてあげればお肌の改善も早まります!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

ほうれい線でお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから http://blancche.com/contact/