肌の表面を守る「皮脂膜」

一時的ゆらぎ肌対策 克服

お肌は「皮脂膜」という薄さ僅か0.5ミクロンの天然の保護膜に覆われています。皮脂膜は「アセ(乳酸)」「アカ(アミノ酸)」「アブラ(皮脂酸)」の3つの“ア”がバランスよく混じってお肌を守ってくれる『弱酸性』の大切なバリアです。

皮脂膜の役割

〈1〉肌の乾燥を防ぐ
〈2〉化学部質の侵入を防ぐ
〈3〉UVからお肌を守る
〈4〉雑菌の繁殖を防ぐ

↓ ↓ ↓

皮脂膜が不健康だと

〈1〉お肌の水分が蒸発 ⇒ 乾燥肌〜老化肌に!
〈2〉紫外線が肌内に侵入 ⇒ シミ・黒色・荒肌に!
〈3〉雑菌や化学化学物質が肌に侵入 ⇒ ニキビ・敏感肌に!
あらゆるトラブルの原因となり“シミ・シワ・タルミなど老化を促進”

健康な皮脂膜を作るには

〈1〉皮膚の表面の老化した角質や汚れをしっかりと取り除き清潔なお肌にする
〈2〉新陳代謝を活性化し、「アセ」「アカ」「アブラ」の出やすいお肌に整える
〈3〉野菜、梅干し、海藻など体内をアルカリ性にしてくれる食品を多く摂る(お肌が弱酸性になる)
〈4〉ホームケアでお肌をいつの状態でも弱酸性に整え、代謝を活性してくれる基礎化粧品を常用する

*** 今の季節は特に注意 ***
皮脂膜が失われると花粉皮膚炎になる可能性も!
〈チェックリスト〉
□2〜4月にかけて症状が出る
□顔や首だけが痒い、赤い
□化粧のノリが悪くなった
※1つでも当てはまると疑いあり!

((( 対策 )))
〈1〉花粉に触れない ⇒ マスク、ストール、眼鏡、洋服はツルツルした素材
〈2〉帰ったらすぐ洗顔 ⇒ すすぎは20回以上
〈3〉しっかり保湿 ⇒ 素手でやさしく(コットンなど刺激になる)

「皮脂膜」を健康にして、バリア機能をアップして乾燥からお肌を守りましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

皮脂膜のことでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/

ターンオーバーの乱れによる化粧崩れ

一時的ゆらぎ肌対策 克服
ターンオーバーが正常でないと角質層の保湿機能が低下します。お肌の中がスカスカになり、お肌を守ろうと必要以上に皮脂を分泌するので脂っぽくなったり、化粧が崩れやすくなります。

化粧崩れの原因

〈1〉汗や皮脂によるもの
化粧崩れの最大の原因は「皮脂」。ベースメイクは油分を沢山含んでいるものが多く、皮脂に混ざって溶け出してしまい、化粧崩れを起こします。
〈2〉乾燥によるもの
「乾燥」しているお肌は、メイクの密着力が落ち、化粧崩れが起こりやすくなります。また、乾燥しすぎると肌がバランスを崩し、皮脂分泌が過剰になってしまう場合もあります。
〈3〉皮脂の取りすぎ
特に夏場は皮脂を抑えようと必死になりますが、これが危険な間違い!!皮脂を取りすぎるとお肌が水分不足だと感じてしまい、余計に皮脂が分泌されてしまいます。

化粧崩れを防ぐひと手間

〈1〉乳液やクリームを使用する
スキンケアでお肌の土台をきちんと整えておけば、メイク崩れしにくくなります。
***ポイント***
乾燥するなぁと思ったら乳液を手のひらに取り、薄くのばしてメイクの上からハンドプレスするように塗布します。乾燥も防ぎ、メイク崩れの予防にもなります!
〈2〉メイク前に肌を冷やす
冷やしたタオルや保冷剤をハンカチでくるんだものを、肌に軽く当てます。冷やすことで毛穴が閉じるので化粧崩れしづらくなります。
〈3〉スキンケアをしてから少し時間を空けて音行くする
スキンケアをした後のお肌は、表面に水分や油分がたっぷりと残っています。10〜20分おいてお肌が落ち着いてきたところでメイクをしましょう。
***ポイント***
時間のない時はティッシュオフ!

ほんのひと手間で、化粧崩れを防ぎ、お肌を一日ピカピカに保ちましょう♪

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

ターンオーバーの乱れによる化粧崩れでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/

肌トラブルの原因はターンオーバーの乱れ

一時的ゆらぎ肌対策 克服

お肌は日々生まれ変わっています。ターンオーバーを正常にすることが「キレイ」の近道!

肌トラブルの原因はターンオーバーの乱れ

肌トラブルの原因はターンオーバーの乱れ
ターンオーバーとは、「お肌の生まれ変わり」の周期です。
ターンオーバーの周期は18才の健康なお肌で約28日です。
ただし年々、老化角質が溜まり、新しい元気な細胞が生まれにくくなります。これが老化や肌トラブルの原因!ちなみに、ターンオーバーの肌サイクルは「年齢プラス10日」が目安です。

肌トラブルの原因はターンオーバーの乱れ
50才の方は、約2カ月(60日間)もかかる!

肌トラブルの原因はターンオーバーの乱れ

ターンオーバーが乱れてしまう原因
肩こり・冷え性……血液の流れが悪く、細胞に栄養・酸素・水分を運ぶ事ができません。
間違ったケア……洗顔不足や洗いすぎ、化学物質はお肌を傷つけ、健康な細胞が生まれません。
貧血……酸素がしっかり供給できず、細胞に酸素が行き渡りません。
不規則な生活……ターンオーバーに作用している自律神経の働きが乱れてしまいます。
胃弱……食べたものがしっかり消化できず、お肌に栄養が届きません。
ストレス……ホルモンバランスや自律神経の働きが乱れてしまいます。
睡眠不足……眠っている間に働く「新陳代謝活性酵素」が働かず、活性されません。
便秘……毒素が血液に溶け込むので、お肌に栄養が届きません。

ターンオーバーの乱れと肌トラブルの関係

ターンオーバーの乱れは、それぞれのトラブルにどのように関わっているのでしょうか?

ニキビ
ターンオーバーが正常でないと、古い角質がはがれずに残り、角質が厚くなり、毛穴を塞いでしまいます。毛穴が塞がれると、皮脂が毛穴の中に詰まり、その皮脂をエサにアクネ菌が繁殖し、ニキビになります。
乾燥・肌あれ
お肌の水分を保持するNMFやセラミドは、ターンオーバーの過程で生まれます。ターンオーバーが正常でないと、NMFやセラミドが生まれずに、お肌はスカスカになり、乾燥し肌荒れを起こします。
敏感・アレルギー
ターンオーバーが正常でないと、角質細胞が均等に並ばなくなり、外界の刺激からお肌を守る「バリア機能」が低下。水分が逃げやすく、刺激も入りやすくなり、ピリピリしたり赤くなったりという敏感肌の症状が現れます。
化粧くずれ・脂浮き
ターンオーバーが正常でないと、角質層の保湿機能が低下します。お肌の中がスカスカになり、お肌を守ろうと必要以上に皮脂を分泌するので、脂っぽくなったり、化粧がくずれやすくなります。
シミ・ソバカス
ターンオーバーが正常であれば、できてしまったメラニンはしっかりと排泄され、シミとして残ることはありません。ターンオーバーが遅れることで、メラニンが蓄積し、シミやソバカスとなるのです。
くすみ・くま
ターンオーバーが正常でないと、古い角質がお肌表面に溜まって、お肌をくすませて見せます。その結果、皮膚が厚く、透明感のないお肌になってしまいます。
毛穴の開き
ターンオーバーが正常でないと、角質層が厚くなり、毛穴を塞ぎます。そこに詰まったメイクや皮脂が酸化し、黒くなって毛穴が開いてしまいます。
小ジワ・たるみ
ターンオーバーが正常でないと、お肌を支えている真皮の働きも悪くなります。そしてハリや弾力が低下してしまいます。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

ターンオーバーの乱れでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/

2 / 2412345...1020...最後 »