夏のお疲れ肌に今すぐやるべきこと!

春のお肌とスキンケア

8割近くの女性が夏の終わりに肌の「老け」を感じている。

エアコンによる乾燥や冷え、日焼けなどで夏に蓄積された肌のダメージは実年齢より老けてみられる「夏老け」をもたらします。
夏のダメージを放置すると、肌の老化が一気に進みます。(>_<)
将来のシミやシワを阻止するために、これからやってくる乾燥の季節に備えるために、夏の終わりはいつも以上のケアが必要です。

① 蒸しタオルで代謝を高める → 血流を良くし、細胞の隅々まで酸素が行き渡る
→ 「ヒートショックプロテイン」を増やす効果がある。
傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質
ヒートショックプロテインが増える事で、紫外線依存の傷害(細胞死、炎症反応、DNA傷害)が軽減することや、メラニンの素となるメラノサイトにヒートショックプロテインが増える事で、メラニン産生が抑制される(シミ形成を抑制すること)が報告されています。

② シートマスクで徹底保湿 → 夏バテ肌に大切なのは保湿ケア
季節の変わり目で乾燥が気になる場合は毎日使って!
〈注意〉シートが乾くまで顔に乗せるのは逆効果!乾燥肌の原因に。目安は7〜10分間

③ ピーニングで角質ケア → 肌のターンオーバーを正常化
古い角質が溜まっていると、しっかり保湿を行っても肌の内側には浸透しにくいサロンケアでの老化角質除去がオススメ♪

④秋の旬の食材で内側からケア
鮭: 「若返りビタミン」とも呼ばれるビタミンEがたっぷり!コラーゲンがたっぷり含まれているので皮まで食べましょう!
きのこ: 「美容ビタミン」B2やB6がたっぷり!B2は皮膚や粘膜を形成。
柿: みかんの2倍以上のVCが含まれている。ポリフェノールはぶどうの5倍
栗: ビタミン、ミネラルが豊富。乾燥肌対策にピッタリ。葉酸も多く含まれ、肌の血色やツヤを良くしてくれる。
さつまいも: ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2を同時に摂れる。
 まさに美肌づくりのベストバランス!
 リンゴの7倍以上のビタミンCが含まれている
 さつまいものビタミンCは過熱しても壊れない特徴を持っている。
 ◎貴重な腸内改善成分と、肌に有効なビタミン類を併せ持つさつまいも♫
銀杏: ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンC、βカロチン、鉄分、カリウムなどが含まれていて、どれも美肌の基盤として必要な栄養素。

夏の終わりから秋口にかけて、お肌の疲れも目立ってきます。
肌の「老け」を感じないためにも、内面、外面ともにしっかりとしたケアをしてオシャレの秋を楽しみましょう♪

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

夏のお疲れ肌でお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/

乾燥・小ジワ〜大ジワ

美肌生活はじめましょう!

夏のお手入れが秋のお肌を決める!

夏のUVとエアコン!夏も空気が乾燥していてお手入れを怠ると、小ジワ〜大ジワへとお肌が傾いていきます。

皮脂膜

汗(乳酸)、アカ(アミノ酸)、脂(脂肪酸)という酸から出来ていて、お肌を弱酸性に調整している。
洗顔、クレンジングで失われる
→ 自分で作るまでに時間がかかる → 何もしないと肌内の水分が逃げ乾燥 → 《小ジワ〜大ジワ》
→ 加齢とともに、汗・アカ・脂の分泌量が少なくなり、ホルモンのアンバランスで多く、少なくなり不安定 → 《小ジワ〜大ジワ》

角質層

角質層の水分20%以下 → 角質細胞が固く反り返る → UVの侵入〜NMFの消失 → セラミドが失われる → 角質層にヒビ → 水分蒸発 → 《乾燥》

↓ まとめると……
皮脂膜・角質のくずれ → 肌内の水分蒸発(NMF成分) → セラミドの減少 → 《表皮性のシワ》 → 《大ジワ・たるみ》
***
知らず知らずに……小ジワが集まって大ジワ・たるみに変化していく!

UV-A波、ホルモンバランス、ストレス、活性酸素で、コラーゲン・エラスチン(弾力を保つ)やヒアルロン酸(潤い成分)などが退化していく。そしてこれらを産生する線維芽細胞も退化していく

〈対策〉
化粧水は2度づけ!水分たっぷり!その後のケアが均等に!
週に2〜3回オイルマッサージ
ラップパック(化粧水、美容液をたっぷり塗布しラップをして7〜10分)
UVクリームを1年中!
体の中からVC補給
目尻、眉間、額のマッサージ → 一番表情ジワが出来やすい

目尻のマッサージ
目尻のマッサージ
① 両手の中指と薬指をこめかみにあて、軽く押すようにゆっくり2度押し、回します。
目尻のマッサージ
② 指の腹で、目の周りをポンポンとやさしくリズミカルにタップします。
③ ①②の動作を3セット繰り返します。

眉間のマッサージの手順
眉間のマッサージの手順
① 人差し指と親指で、眉間をタテにつまみ、柔らかく揉みほぐします。
眉間のマッサージの手順
② 指の腹で、目の周りをポンポンとやさしくリズミカルにタップします。
③ ①②の動作を2〜3往復繰り返します。

額のマッサージの手順
額のマッサージの手順
① 親指以外の4本の指を額にあてます。
額のマッサージの手順
② シワを伸ばすイメージで、5秒かけて引き上げ、髪の生え際までいったら緩めます。
③ ①②の動作を3セット繰り返します。

*  *  *  *  

夏のお手入れをしっかりすることで、この後訪れる秋、冬のお肌が決まります!
汗が出るから、皮脂が出てベタつくから、サッとお手入れを済ますのではなく、普段よりも丁寧なケアを心掛け秋肌美人を目指しましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

乾燥・小ジワ〜大ジワでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/

夏の肌トラブルとケア

春のお肌とスキンケア

夏は紫外線、汗、メイク崩れなど、女性にとって悩みが多い季節です。特に紫外線ケアと毛穴ケアに重点を置くべき季節です!

紫外線

紫外線と赤外線

紫外線を浴びて起こるお肌へのダメージ

①肌内で大量に活性酸素(老化物質No1!)が発生 → メラニン色素(黒色)《シミ》

②A波が真皮層のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、線維芽細胞を攻撃 →《タルミ》

③酵素(生命活動の源)の働きを弱らせる → Ⓐ新陳代謝活性酵素(細胞分裂をする)
Ⓑタンパク質合成酵素→《弱まる》

④お肌の抵抗力が低下する → 化学物質に負ける → 《アレルギー》

対策

一番はやはり日焼け止め(UVクリーム)をしっかり塗ること!

A波(生活紫外線)サンターン:
波長が長く真皮下層にまで届く → 《シミ、シワ、タルミ》

B波(運動紫外線)サンバーン
A波に比べると波長は短いが皮膚に対する刺激は強い
皮膚細胞のDNAを傷つける → 《老化の促進》

PA基準
UV-A波からお肌のどの程度守ることが出来るかという基準
PA+〜PA++++で表記

SPF基準
UV-B波からお肌を守る基準(SPF1あたり=20〜25分)
*例えばSPF30=20〜25分×30倍=約10時間〜12.5時間

「美は一日にしてならず!」
毎日の紫外線対策をしっかりと行い美肌をキープしましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

夏の肌トラブルとケアでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/

1 / 2112345...1020...最後 »