「毛穴ケア」黒ずみを悪化させない正しいケア

紫外線とシミ

ポツポツ、ザラザラ……イヤ〜な毛穴のケアの正解って何?
今回は正い毛穴ケアと間違いケアについてです。

◆ 毛穴の正しいケア方法

朝・晩の洗顔はマスト!
角栓を作らせないためにも、朝・晩の洗顔は必要!
ビタミンCやB、Eなどを配合された洗顔料がオススメ。
ゴシゴシ洗いではなく、たっぷりの泡でしっかりと洗い上げて!
42℃などの熱めのお湯は、脱脂力が高いので体温に近いぬるま湯で。
ビタミンCやB配合のスキンケアでたっぷり保湿
角栓のもととなる皮脂の分泌を抑えるビタミンCやB、植物エキスが入ったものがオススメ。

◆ 毛穴を目立たせるNG行為

NG行為〈1〉脂っこい食事や甘いものを日常的に食べる
NG行為〈2〉気づいたら満腹まで食べてしまう
※ついつい満腹になるまで食べたり、甘いものや脂っこいものを摂りすぎると細胞の
発電機でもあるミトコンドリアから皮脂分泌が細胞質に漏れて皮脂の合成を始めてしまう。
NG行為〈3〉ピーリングを過剰に使う
角層を傷つけるような強力なピーリング剤などは角質を厚くしてしまう。
NG行為〈4〉メイクを落とさずに寝る
毛穴に詰まったメイク汚れで皮脂の分泌がスムーズに行われなくなりニキビの原因に。
NG行為〈5〉あぶらとり紙を使う
必要以上に皮脂を取り除くと、恒常性を保とうとする体の働きで、より皮脂が分泌されることが!テカリが気になったら吸収力のあるものではなく、ティッシュなどで軽く抑えるのがベター。

毛穴の詰まりや黒ずみをキレイにするためには、その場しのぎのケアではなく、日頃のケアがとにかく大事!
まずすべきことは正しいスキンケアと洗顔。
今ある毛穴汚れをケアするよりも、“毛穴を詰まらせない”、“汚れをを溜め込まない”ことを 最優先にケアしていきましょう。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

毛穴の黒ずみでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/

「ながら美容」でキレイを手に入れちゃおう!

美肌レッスンブランシュ

〈1〉歯みがきしながら… 二の腕をシェイプアップ!
① 歯ブラシを持つ手を肩と水平になる高さまで上げる
② 反対側の手も①と同じ動作を行う

〈2〉うがいをしながら… ほうれい線を消す!
① 水と空気を口に含みます
② 右の頬を8回大きく膨らませる
③ 左の頬を8回大きく膨らませる
④ 上の歯と上唇の間を4回大きく膨らませる
⑤ 下の歯と下唇の間を4回大きく膨らませる
⑥ 最後に目を見開きながら、両頬(顔全体)を大きく膨らませる
⑦ 1〜6を2セット行う
顔全体の表情筋を使うので、ほうれい線予防効果&顔のむくみが取れて、スッキリ小顔効果がありますよ♪

〈3〉洗い物をしながら… ハンドケア!
① ハンドクリームをたっぷり塗る
((( 寝ながらのハンドケアにも! )))
② 使い捨てのビニール手袋をする
③ 食器洗い用の手袋をする
④ 少し熱めのお湯で食器を洗う

〈4〉オフィスで仕事をしながら… 保湿ケア!
① 乳液を手に取り、両手をこすり合わせるようにして広げる
② 乾燥が気になる部分や、顔全体に軽く押さえるようにして馴染ませる
肌の潤いを込さないためには、油気でフタをすることが大切。
メイクの上からでもOKです。
トラベルサイズやサンプルをポーチに入れておくと便利!

どれもすぐに実践できることばかり!
忙しい時にこそ「ながら美容」で美しくなっていきましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

ほうれい線や手荒れカサカサお肌でお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/

目元が乾燥する原因と乾燥を防ぐ方法

suhada

お顔は潤っているので目元だけが 乾燥……。
すごく気になりますよね!
目元の乾燥は様々な症状を引き起こします。
その中でも一番気になるのが 『小ジワ』です。
目元に小ジワができるとキレイにメイクをしても、一気に老けこんだ印象に……。
目元の乾燥の原因を知り、しっかりと対策していきましょう。

【原因】
〈1〉皮膚が薄いため水分を溜め込むことができない
 └ 顔の他の部分と比べると、1/3〜1/4と言われています。
〈2〉皮脂腺が少ないので、皮脂分泌量も少ない
〈3〉無意識に目をこすることでバリア機能が低下
 ▷目がかゆい時 ▷眠い時 ▷目が乾燥して選和感がある時
〈4〉メイクをする時の目元への刺激
 ▷ファンデーションを塗る時パフで強くこする
 ▷アイシャドウを塗る時チップでこする
 ▷コンシーラーを馴染ませる時に指でこする
〈5〉間違ったスキンケアが目元に負担を与えている
 ▷化粧水やクリームが目元までしっかりついていない
 ▷クリームを塗る時、擦り込むように力を入れている
 ▷アイメイクを落とすためにゴシゴシと洗う
〈6〉目を酷使すると乾燥することもある
 ▷PCやスマホで目を使いすぎる

【予防・改善】
〈1〉メイク落とし、洗顔に気をつける
[アイメイク落とし]
 ①アイメイク専用リムーバ(またはオイル)をコットンにたっぷり含ませる
 ②コットンをまぶたにおいて軽く押え、5〜10秒そのままにする
 ③力を入れないようにコットンでアイメイクを拭き取る(数回)
 ④まぶたのわきは落ちにくいので、綿棒にリムーバを染み込ませ拭き取る

〈2〉保湿力の高い化粧水や美容液でしっかり保湿
[保湿成分]
 ●セアロン酸
 ●コラーゲン
 ●アミノ酸
 ●セラミド など
特にセラミドはオススメです。
セラミドは細胞間脂質の主成分で、セラミドが失われると肌のバリア機能が低下していきます。

〈3〉水分だけでなく油分もしかりと与える
目元は皮脂腺が少ないため、皮脂もほとんど分泌されません。
特に目元には水分だけでなく油分をしっかりと与える必要があります。
***スクワランオイルは、お肌にとても優しいのでオススメです。

〈4〉目のパックでスペシャルケア
 ①自分の使用している化粧水と美溶液をコットンにたっぷり含ませる
 ②コットンを目の上に貼る
 ③ 5〜10分放置する
 ④コットンを取りなじませる
***2〜3日に1回は目元のパックをするといいでしょう。顔のシートバックと一緒に!

〈5〉目の血行をよくしてしっかり休ませる
蒸しタオルを目の上に置いて、目を温めると血行もよくなり乾燥も改善。
目元を温めた後に、目元パックをすれば、さらに効果アップ!

〈6〉規則正しい生活習慣を身に付ける
 ●睡眠をしっかり取る(22時〜2時ゴールデンタイムには眠る)
 ●バランスのよい食事
 ●適度な運動

乾燥する前、または乾燥が気になりだしたら、すぐにケアをしましょう。
そうすることで、潤いのある目元を手に入れることができます。
年齢はは関係ありません!
「もう遅い」と締めるのではなく、すぐに取りかかることが大事です。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

「目元の乾燥」にお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/