夏の終わりの肌ケア

春のお肌とスキンケア

「夏に溜まった体の疲れは、秋の初めにドッと出る」とよく言われます。
お肌も同じです!紫外線などの外的なダメージだけでなく、体内リズムの乱れによる新陳代謝の低下があり
そのまま秋を迎えると、体の内側からも“肌老化”が進んでしまう心配があります。
内外からの正しいケアでお肌を元気にしましょう!

◆ お肌の状態をセルフチェック!
〈1〉急にシミが増えたような気がする
〈2〉いつもと同じファンデーションなのにお肌の明るさが違って見える
〈3〉お肌がカサカサして化粧水が浸透していかない感じ
〈4〉ベタつくのにカサカサする部分も目立つ
〈5〉目の周りがシワっぽくなってきた
〈6〉いつもの化粧水が沁みる感じがする

当てはまる項目が多いほど、生活習慣やケアを見直す必要があります

夏の終わりの肌ケア

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

夏の終わりの肌ケアでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/

肌年齢の基準って何で決まる?

気ままプラン20180223

よく「肌年齢」という言葉を耳にします。肌年齢とは自分自身のお肌の年齢を表しているということはわかりますが、肌年齢を決める基準とは何でしょう?
肌年齢を実際の年齢よりも下げて、いつまでも若々しいお肌をキープしていくための肌年齢の基準、肌年齢を下げる方法とは何かをご紹介します。

◆ 肌年齢の基準
〈1〉水分量
お肌の細胞が若ければ若いほど水分量をしっかりキープ!
乾燥肌は肌年齢を高くしてしまいます。
〈2〉油分量
肌年齢が若いほど油分量が多く、年齢を重ねると減少していく。
◎ 水分、油分は洗顔後、お肌に手のひらを当てて、もっちりと吸い付く様であればOK!
〈3〉メラニン量
年齢を重ねるごとにメラニン量は増えていきます。
機械でチェックできるので、肌の奥のメラニンを確認してみる事も大切!
〈4〉肌の弾力
肌に圧力を加えて、それに対する反発力が強ければ強いほど、若々しく肌年齢が低い。

◆ 肌年齢を下げるためには
〈1〉紫外線をカット
紫外線はシミやシワ、そばかすの大きな原因に。
夏だけではなく、一年中紫外線対策を!
〈2〉抗酸化作用のある食材
体内で活性酸素が増加し、酸化が進むと細胞はどんどん老化してしまい、肌トラブルやシワ、くすみ、たるみなど、肌年齢を上げてしまう原因になります。
◎ 生姜、緑茶、胡麻、サーモンなど、抗酸化作用を気体できる食材を摂取

肌年齢
◆ お手入れしている人とお手入れしていない人の肌年齢の差

肌年齢はスキンケアはもちろんのこと、毎日の食事や生活習慣によっても随分変化します。実際に肌年齢をチェックして自分に何が足りていないのか、何に集中してケアをすれば良いのかを確認してください!
実際の年齢を下げることは出来ませんが…… 肌年齢を下げて、いつまでも若々しいお肌をキープしていきましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

肌年齢でお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/

紫外線を浴びた日のアフターケア

シートマスク

気温も上がり、もうそろそろ夏本番!という季節になってきましたね。
しかし!そこで気になるのが「紫外線」。
しっかりとケアをしていてもつい“日焼け止め”を塗るのを忘れてしまった!ということが起こりがちです。
今回は紫外線を浴びてしまった時のアフターケアについてです。

◆ 紫外線ダメージを受けてしまった日もあきらめない!アフターケア

〈1〉とにかく冷やす
まずはほてったお肌を「冷却」することが大切。
 ● 冷たい水でお顔を冷やす
 ● 保冷剤をくるんだタオルで冷やす
 ● 冷えた化粧水でローションパック

〈2〉スキンケアの要!「保湿」
 ● シートマスクなどでたっぷりと水分補給 → クリームで保湿

〈3〉内側からのケアもしっかりと!食事から摂れる「栄養素」
ビタミンC → シミのもとになるメラニンを抑制し、色素沈着を起きにくくする
 ● ブロッコリー、イチゴ、キウイフルーツ、レモンなど
ビタミンCは水に溶けやすい性質があるので、できるだけ生で摂るように意識しましょう。
リコピン → メラニン色素の発生を軽くする働きが期待できる
 ● トマト:真っ赤に完熟しているものを選ぶ。熱を加えるとさらに栄養素がUP!
ビタミンE → 紫外線からお肌を守る働きがある
 ● アーモンド:((注意))カロリーが高いので食べ過ぎないように!

紫外線は将来の色素沈着(シミやクスミなど)をおこすリスクをはじめとする、様々なお肌トラブルを引き起こすといわれています。
紫外線をたっぷり浴びてしまった“うっかり日焼け”をした時にはぜひお試しください。
事後のケアが将来の「美肌」づくりに影響してくるので、しっかりとお手入れしましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

うっかり日焼けでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから https://blancche.com/contact/