湿度に負けない梅雨肌対策

夏の肌と乾燥01ジュビラン

会社や家では除湿のため、エアコンを使い始めるのが梅雨の時期。
室内はさらっと快適になるのですが、肌は乾燥するのであまりよくありません。

お肌 →《乾燥》
↓ ↓ ↓
[過剰な“皮脂成分+外の湿度]
↓ ↓ ↓
肌の内側は乾燥・肌の外側はベタベタ(インナードライ肌)
↓ ↓ ↓
【梅雨肌】

汗 + 皮脂 + 湿気 = かゆい!
● 皮脂が酸化する →【梅雨肌】
● 雑菌が繁殖する →【梅雨肌】

◆ 梅雨時期の肌トラブル

① 乾燥するのにテカるインナードライ肌
 → → →  肌の奥は乾燥している残り少ない水分を残そうと皮脂を分泌
② 皮脂が毛穴に詰まったまま
 → → →  皮脂が酸化してニキビなどの原因に
③ 角質層バリア機能の低下
 → → →  汗が増えると角質が傷つきやすくなる
④ 紫外線による肌のダメージ
 → → →  梅雨も真夏とほとんど変わらない
⑤ エアコンの乾燥による肌へのダメージ
⑥ 洗いすぎによる乾燥、ターンオーバーの早まり

◆ 梅雨肌対策

① 保湿をしっかりして乾燥を防ぐ
 → → →  お風呂からあがったらすぐ保湿
② 洗顔のしすぎに注意
 → → →  泡でやさしく洗い、タオルも押し拭きで
③ 汗をこまめに拭き取って肌を清潔に
④ エアコン対策
 → → →  メイクの上からでも薄く乳液などを塗ると乾燥から肌を守り、汗をはじく効果
⑤ 紫外線対策
 → → →  SPF値の高いものを塗って終わりでは無く、20〜30で大丈夫なので2〜3時間おきに!
⑥ 内側からも皮脂のコントロール
 → → →  脂っこい食事を減らす
⑦ 毛穴の引き締め
 → → →  化粧水などで保湿をしてから冷たいタオルを当てる
⑧ ライフスタイルの見直し
 → → →  睡眠不足、ストレス、野菜不足、運動不足

梅雨はだいたい30日〜45日、この時期のスキンケアは特に丁寧に!
短い期間だからと油断すると、ダメージが蓄積されて5年後、10年後に大きな差となって現れます。
普段よりも肌をいたわるケアを心掛けましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

梅雨肌でお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから http://blancche.com/contact/

5月に肌荒れになる原因とスキンケア

春のお肌とスキンケア

5月といえばゴールデンウィークです!行楽に出かけたりして楽しい気分になりますよね。でも…GWで肌荒れに悩まされる人も続出します。(>。<)

原因

〈食生活の悪化〉→ → → 外食が増え、塩分や油の量が多かったり、アルコールを飲む機会も増えます。脂分の摂取量が多くなるとニキビが出来やすくなったり、腸内環境も悪くなり、代謝の低下による肌荒れも起こります。
〈運動不足〉→ → → 家の中でゴロゴロ過ごすと運動不足で代謝が悪くなり、肌の調子も不安定になってしまいます。
〈日焼け〉→ → → うっかり日焼け 5月の紫外線は要注意!
〈気が抜けたことによるスキンケアのおサボり〉何かと忙しい4月が終わり、ほっと一息ついたところに連休で抜け殻のようになってしまう→ → → 保湿や日焼け止めなどのスキンケアの手抜き、人前に出ないという理由でのケアをおサボり

対策

 栄養バランスを考え、規則正しい食生活をおくる
 早寝早起き(いつもの生活リズムを壊さないこと)を心掛ける
 適度にカラダを動かし適度に休む
 保湿ケア、日焼け対策もしっかり行う 「まぁいいか…」はダメ!
 ストレス対策を常々行う → ストレスによるニキビ

* 美肌に効く5月の食べ物 

〈野菜〉タラの芽、アスパラ、春キャベツ、グリーンピース、ぜんまい、わらび
〈果物〉グレープフルーツ、日向夏(ひゅうがなつ)
〈魚〉いさき、真アジ、赤貝、シャコ
旬の食材でカラダの中からキレイに!美肌の基本!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

肌荒れになる原因とスキンケアでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから http://blancche.com/contact/

春の肌状態とお手入れ

春こそ要注意な紫外線の対策
春になるとなぜか肌荒れする人がいます。
季節特有の要因によって起きる肌荒れがあります。
春の場合、それまで寒い冬から少しずつ暖かくなり過ごしやすい日が増えてきます。
気持ちもウキウキして活動的になるなど良いことも多いのですが、
残念ながら肌にとってマイナスの要因も多くあります。

春の肌は免疫力が低下 (( 原因 ))

・寒暖差……体内の自律神経が狂ってしまう時期
・紫外線……春は紫外線のレベルが急上昇
◎花粉……アレルギー物質により肌荒れが起こる
・ストレス……ホルモンバランスの乱れが起こる

花粉 (( 対策 ))

1.基礎化粧品で皮膚のベースを守る 保湿力の高い、刺激の少ないもの
◎帰宅後すぐに手洗い、うがい、洗顔

2.食事で予防
美容ACE
ビタミンC →→→ 肌の保湿をする役目(赤ピーマン、黄ピーマン、柚子など)
ビタミンE →→→ 血行促進をする役目(モロヘイヤ、イワシ、たらこなど)
ビタミンA →→→ 肌の保湿をする役目(卵、にんじん、レバーなど)

レンコンも注目の食材
粘膜を強くする役目 →→→ ムチン
免疫力アップ。抗酸化作用 →→→ タンニン
(レンコンのきんぴら、レンコンのはさみ揚げ、レンコンと鶏肉の甘煮)

春は肌の抵抗力を少しでも補うために、しっかりと保湿をして食事にも気を遣い
気候の気持ち良さそのままに肌荒れのない気持ちの良い春を過ごしましょう!

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

春の肌状態とお手入れでお悩みの方は
エステスペース ブランシュまでお気軽にお問い合わせください。
お電話はこちら tel.076-493-1029
お問い合わせフォームはこちらから http://blancche.com/contact/